料理

【1人分150円くらい】たっぷり野菜なチキンのミネストローネ

夜はご飯より野菜をたっぷり食べたい!

そんな思いから、今日はキャベツとトマトとチキンなお鍋。

材料と調味料

材料(だいたい6人分くらい)

材料一覧の図

・キャベツ半玉分くらい

・にんじん2個

・たまねぎ2個

・にんにく2欠

・ショウガ1欠

・ブロッコリー1房

・トマト缶1缶

・鶏もも肉250gくらい

ざっくり一人分大盛りで150円くらい。お得感。

 

今回は特大キャベツなので、3分の1くらいの消費で済みました。

特大キャベツが200円で売ってたので今夜のメニューが決まったようなものです。

調味料

・コンソメ2個

・塩適量(今回は小さじ1杯)

・オリーブオイル適量(今回は大さじ1杯くらい)

味付けはシンプルに。トマトとキャベツでおおよそ味が整います。

調理器具

下記の記事にある深底28cmフライパンと耐熱ゴムベラを使用してます。

我が家では炒め物の必需品。便利。

【一人暮らし・ズボラ飯】おすすめ台所用品3選【2019年保存版】初めての一人暮らしや、軽く料理をし始めたい人へ。 これを買っておけば絶対に損しない台所用品3選をご紹介。 今では筆者...

ミネストローネの作り方

下準備・切ったりすりおろしたり

材料を一口サイズにしていきましょう。

キャベツとブロッコリーは手でちぎる

手でちぎったブロッコリーとキャベツ

ぶちぶちとちぎっていきましょう。

今回のキャベツは大きいのが手に入ったので全体の3分の1ほどを使用。

ブロッコリーの芯は短冊切りに

切ったブロッコリーの芯

ブロッコリーの芯部分は短冊切りにして火が通りやすくします。

【※注意】

根元の皮にあたる部分はピーラーでむいたほうがよいです。

食べるときに噛み切れませんでした。反省。

ニンジン・玉ねぎは一口サイズに

切った玉ねぎ2個分

ニンジン、玉ねぎはカレーの具材のように、基本的に一口サイズに切る。

にんにくをみじん切りに

切る前のにんにく

みじん切りにしておきます。切った後の写真を撮り忘れたのは秘密。

芯が少し緑になっているにんにく

ちなみに中の緑の部分は栄養価が高いけど、臭みのもとで焦げやすいとかなんとかと噂。

わたしは気にせずにそのまま切って投入。もうちょっと真緑だったら除くかも。

冷凍していた鶏もも肉を切る

1時間ほど自然解凍した鶏肉

さすがにカッチカチだと切りづらいので取り出してちょっと置いた冷凍肉。

冷凍した肉は皮ごと切りやすい

半解凍くらいだと皮ごと切れるので意外と便利。

しょうがはすり下ろしておくと後々が楽

すりおろす前の凍っているショウガ

ショウガはあらかじめ切って冷凍しておくとすりおろしやすい。

すりおろし容器は100円ショップにあります。

裏に滑り止めがついているもののほうが使いやすいです。

すりおろした後のショウガ

凍らせたショウガは生よりすりおろしやすいけど、手も冷たいのぅ。

こちらは最後に入れるものなので、煮ている最中にやっても良いです。

 

一通り材料を切ればあとは焼いて煮るだけ。

焼く・硬いものから入れていきましょう

初めはニンニクとニンジンと玉ねぎをしっかり炒める

切ったニンジンと玉ねぎとにんにくをフライパンに入れる

材料と大さじ1杯くらいのオリーブオイルを入れて火をつける。

最初は中火で、ジューと音がしてきたら火を弱める。

あまりいじらずに1分に1回くらいかき混ぜる感じで。

主ににんにくと玉ねぎは炒めることでうまみ成分が出てきます。

鶏もも肉とブロッコリーの芯を投入

切った鶏もも肉とブロッコリーの芯をINした図

玉ねぎが柔らかくなってきたら鶏もも肉とブロッコリーの芯を入れる。

冷凍肉なので少しばかり火を強くして炒める。

こちらも肉に焼き目がつくまでしっかり炒めていきましょ。

煮る・蒸したり煮たり味付けしたり

ちぎったキャベツを用意。

と、その前にトマト缶を投入。

トマト缶を投入した鍋

トマト缶と少量のお湯を投入。

トマト缶の中身をあけてから、缶に電気ケトルのお湯を入れると残ったトマトもすっきり。

軽く混ぜた後、キャベツを上にドッサリとのせていきましょう。

フライパンからあふれでるキャベツ

手でちぎって量を調整したつもりでしたが、思った以上に量がありました。

大玉のキャベツ恐るべし。おかげでさらに具沢山。

15分くらい経過したキャベツ鍋

少しずつですが沈んでいきます。

30分くらい経過したキャベツ鍋

スープ類の上にキャベツをのせて煮ることで、

沸騰したスープの蒸気でキャベツを蒸す状態になり、キャベツが非常にジューシーになります。

この方法はわたしの好物鍋ピェンローでも使ってます。

【至高の白菜鍋】ピェンローの作り方【冬の定番】我が家ですっかり冬の定番鍋。漢の料理。 お肉もたっぷり、野菜もしっかりとれるお鍋をご紹介。 ちなみに家内の胃袋はこの鍋でつか...

キャベツが煮えたら最後にブロッコリーを入れて味付け

30分ほど煮てしっとりしたキャベツ

艶がでて非常においしそうになっております。

軽くかき混ぜて、ブロッコリー投入。

投入した色鮮やかなブロッコリー

最後にブロッコリーを投入。茹ですぎない程度にまた5~10分ほど煮る。

最後の味付けはコンソメ2個とお塩を小さじ1杯

最後にコンソメを入れて、塩で味を調えて完成。

完成したミネストローネ

ちょっとブロッコリーを煮すぎましたね。反省。

今度ブロッコリーを煮るときはしっかり見ておこう。

最後にすりおろしたショウガを入れるのを忘れずに!

すりおろしたショウガを最後に入れるとスープ類をグンッとおいしくできます。

また体を温める効果や、風邪の予防にも一役買ってくれます。

なので我が家ではショウガは必ず冷凍庫にストックを置いております。

 

おかげさまで今回もおいしくできました。

ミネストローネに入れるとおいしい調味料

器に盛ったミネストローネ

器に盛った後、入れてみると一味変わって美味しい調味料をご紹介。

黒胡椒

定番。我が家ではミルでゴリゴリと削るのです。

タバスコ

ミートソースやナポリタンに合うのですから、この料理に合わないわけがない。

辛いのがお好きなお方向け。

粉チーズ・とろけるチーズ

トマト系にはやっぱりチーズ。

次の日に食べるとき、とろけるチーズをのっけて電子レンジでチンしたりします。

パセリ

洋風料理の定番。嫌いじゃなければ刻みパセリをぱらりとどうぞ。

色合いも非常にきれいになり、味にもアクセントがつけられて美味です。

エキストラバージンオイル

出来上がったスープにかけると非常に芳醇な香りが漂い食欲増進。

最初の1杯に入れてちょっと豪華に味わったりしてます。

かけすぎるとお腹を壊すので、その点はご注意を。

ミネストローネの作り方・まとめ

・夜に炭水化物を減らして野菜を取りたい人へ

・1人分150円程度で大盛り食べれるあたたか野菜スープ

・器に盛った後に調味料でアクセントを付けるとさらにおいしく

今回もおいしくできました。

キャベツの旬は冬と春。寒い時期に旬のキャベツたっぷりミネストローネはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ヨウ
札幌育ちの日常ブログ。節約のために始めた自炊が今では趣味になり、料理は日誌として更新している。ほかにもマニアックな日常茶飯事を更新しているらしい。