レビュー

3000円以下のコスパ最強のフライパンについて語る

新しいフライパンを手に入れてから、だいぶ料理が楽しい。

フライパンの重要性をがむしゃらに語る日記

深底直径28cmフライパンの魅力

我が家では2年前くらいから

『深底で直径が28cmのフライパン』

という非常に大き目のフライパンを使っている。

 

今までは鉄製のフライパンや、適当に買ったテフロンのフライパンなどを使っていましたが

鉄製のフライパンは多少メンテナンスを怠るとすぐに錆びたり焦げやすくなったり。

テフロンのフライパンはすぐに塗装が剥げて1か月で使えなくなったり。

良いなと思うフライパンが見つからず、料理をし始めてから早8年ほど。

そんななかで見つけたのが最強のフライパンがAmazonのフライパンでした。

 

火を使う料理の大体は作れてしまう万能フライパンという台所の四天王の1人。深底フライパン。

「ネットの評判がいいんだなー買い替え時だしお安めだから買ってみようかなー」

くらいの思いで購入したが、思ったよりも大当たり

 

今では台所で、無くてはならない存在である。

今までの料理はだいたいこのフライパン1個

わたしが今まで作ってきたものは大体このフライパンのみで作られているものが多いです。

などなど。ほかにも多数。気になる方は料理カテゴリから見るとヨロシ。

パスタは茹でれるけど、お蕎麦とかは別のお鍋が必要。それ以外は大体このフライパンで料理してます。

しかし悲しきかな、1年くらいで寿命に。

2019年くらいから使ってるから1年くらいで寿命かなぁ。よく頑張りました。

ほぼ家にいるときの料理はこいつでやっていたので、我が家ではだいぶ長くもったほう。

買った頃の記事はこちら。

【一人暮らし・ズボラ飯】おすすめ台所用品3選【2019年保存版】初めての一人暮らしや、軽く料理をし始めたい人へ。 これを買っておけば絶対に損しない台所用品3選をご紹介。 今では筆者...

 

数カ月前くらいから塗装が剥げてきてからというものの、だいぶいろいろなものが焦げ付いてしまうようになってしまいました。

だましだまし使ってたけどさすがに厳しいねぇ。

 

今後は煮込み料理にはまだ使わせていただきます。

コーティングが剥げてても煮込み料理ならあまり関係ないので。

フライパンを長く使うには?

調べてみたところ、フライパンを長持ちさせるコツは大きく分けて2つ。

①熱した状態で水につけない

②硬い調理器具でガリガリしない

この2つさえ守れば、だいぶ長く持つ様子。

 

わたくし、このテフロン性のフライパンを思いっきり熱いうちに洗ってました。

器に料理を盛って、熱いうちに洗うというのを実家でやっていましたが、これは鉄製フライパンの話だったようで……。

テフロンやコーティングのあるフライパンに関しては熱い状態で洗ってはいけない。

 

次のは、気を付けよう。

新しいフライパンはダイヤモンドコート

また同じフライパンを買おうと思ったものの

そんなこんなで、炒めたり焼いたりする料理だと焦げ付くようになってきたので新しいフライパンを買うことに。

 

前回と同じもの(軽量タイプ・直径28cm)を買おうと思いましたが

「この隣にある数百円だけ高いのダイヤモンドコートってなんぞ?」

となって、せっかくなのでこちらを購入。

【Amazon.co.jp 限定】

和平フレイズ フライパン 炒め鍋28cm

ダイヤモンドコート IH対応 クックデリー AMB-1578

これを注文して届いて(本文冒頭のTwitter参照)だいたい4日くらい。すでに大正解の予感。

ダイヤモンドコートで綺麗な卵焼き

びっくりするほど綺麗にできた卵焼き。

【我が家の和風卵焼きの作り方】

①卵2個に、白だし小匙1と醤油と数滴を入れてかき混ぜる

②新しいフライパンに油をひかずに少し加熱

③強火にしてからかき混ぜながら卵を入れる

④少し固まってきたらフライパンを斜めにしながら奥の方に転がす感じにまとめる

⑤お好みの硬さになる直前に火を止めて、お皿に盛る

今までだと油を多めにしたうえで耐熱ゴムベラで頑張ってはがしてうぉぉぉぉって頑張ってようやく綺麗にできたオムレツ。

このフライパンにしてからは油もひかずに菜箸で超綺麗に卵料理を作れるようになりました。素晴らしい……!

常にこのような卵料理が作れるというだけでも、すでにこれだけでも3000円以上のフライパンの価値があると感じます。

ほかにもチーズオムレツも超綺麗に

【我が家風のバターチーズオムレツの作り方】

①卵3つと大匙1の牛乳をかき混ぜる

②フライパンを温め、バターを溶かす

③バターが焦げる前に①の卵をフライパンに投入

④ちょっと混ぜたらとろけるチーズを2枚横並びでのせる

⑤フライパンを傾けて旨い具合に丸めて転がす感じで焼く

⑥お皿に盛って完成

いやぁすごい。何がすごいって多少乱暴に作ったところで焦げ付く気配が全くない

ちょっとほかの料理(ミートソース温めて麺を電子レンジで茹でたりなど)をしながら慌てながら作ってましたが、あまり焦げることもなく今回も程よい柔らかさで完成。

 

フライパンを新しくしただけで、だいぶ料理が楽しくなりました。

ダイヤモンドコートのメリット・デメリット

【メリット】

・宣伝通り焦げづらいので焼き物に失敗する気配がない

・3000円以下で買えるフライパンの中でも優秀

・お好み焼きとか卵焼きとかの焼き目が難しい料理が簡単になり楽しくなる

・見た目カッコイイ(個人の感想です)

【デメリット】

・軽量タイプよりは多少重い

・軽量タイプより数百円高い

・ちょっと凹凸や装飾品が多いので丁寧に洗う必要がある(軽量タイプはその点シンプルな設計)

・耐久性はまだ使用4日目なので未知数

人によっては軽い方が良いのかもですが、圧力鍋とかよりは全然軽いのでわたしはダイヤモンドコートをお勧めします。

深底フライパンまとめ

・深底28cmのフライパンがあれば大体の焼き物料理ができる

・長持ちさせるなら、料理した直後の熱い状態で洗わないこと

・ダイヤモンドコートは焦げない。軽量タイプよりちょっと重たい。

・焼く系の料理が楽しくなる

・3000円で買えるコスパ最強のフライパン

今では古い深底フライパンを煮込み用。新しい深底フライパンを焼き物用にしています。

2つあるとこれ以外必要なさそうなくらいに使い買っては良いです。

みなさんも一度、試してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ヨウ
札幌暮らしのコスパ飯ブログ。節約のために始めた自炊が今では趣味に。今日も妻のために飯を作る。日ごろ「今日のご飯は何を作ろうか?」と悩む人の、ひとつアイデアの元になればこれ幸い。TwitterとInstgramも随時更新中。